エクステリアの世界(前編)

By in 日記 on 2019年2月10日

新築をするときには沢山のお金がかかります。

新築に際しては家の建設費とそれ以外に掛かる費用の

総費用で住宅ローン等をお借入れされると思います。

今日はそんな建設費以外に掛かる部分

「エクステリア(外構)」についてお話したいと思います。

建設総資金の平均的な内訳(一例)

・建設費        70~80%

・諸経費        4~5%

・土地代金       15%以上

・外構工事等その他費用 8~10%

さらに外構工事等その他費用の内訳(一例)

・照明器具       10~15%

・カーテン       10~15%

・外構工事       70~75%

例えば総費用が4000万円かかった場合の内訳は

建物    28,250,000円

諸経費    1,750,000円

土地代金   7,000,000円

外構工事その他  3,000,000円

外構工事その他費用の内

純粋に外構工事に掛かる費用は  2,100,000円

単純計算だと上のようになります。

私がご担当させていただいたお客様の資金計画を

見返してみてもおおよそこれくらいかかっている方が

多いように感じます。

前段が長くなってしまいましたが、

何が言いたいかというと、エクステリア(外構)工事は

建設費、土地代に続いて大きな費用がかかる部分だということです。

さらに家の印象は外構で決まると言っても過言ではありません。

建設費、土地などにお金が掛かるので外構の予算まで資金が

廻らないというようなお話も聞くことが多いのですが、

「家」と「庭」と書いて「家庭」。「庭」づくりつまりエクステリアは

家にとっては非常に重要だということです。


これから新築をお考えの方は是非エクステリアにも興味をもっていただいて

ご自身の家がより魅力的に機能的になるようなものを色々とご検討してみては

いかがでしょうか?

次回はエクステリアの魅力についてかっこいい商品等のご紹介等も交えて

お話したいと思います。

Comments are closed.