鏡開き

1/11は新年の『鏡開き』です♪

『鏡開き』とは?

正月に年神様に供えた鏡餅を雑煮や汁粉にして食べ、一家の円満を願う行事です。元々は武家社会の風習で、正月に鎧などの具足に供えた具足餅を下げて、雑煮などにして食べ『刃柄(はつか)を祝う行事』や、後術の『鏡』にまつわる文化が一般にも定着したものが、現在で呼ばれる『鏡開き』らしいです。

なぜ『鏡』なのか?

なぜ『開く』のか?

通常、包丁など刃物をつかって適当な大きさに切り分けたいお餅ですが、昔は『切る』という言葉は極刑である切腹を連想させるため縁起が悪いと敬遠されていたので、餅を手や木鎚で割ったり、砕いたりしていました。縁起の悪い言葉をさけて、「開く」という縁起の良い言葉に置き換えているのもその為です。

正月が明け、『新たな良き一年の門を開く』のが『鏡開き』です。皆様の一年が良き一年である事を心よりお祈り致します。

Comments are closed.