DoGYANくまもとvol.48「ハンドボールの楽しみ方」

By in 日記 on 2018年12月3日

来年熊本で開催予定の女子ハンドボール世界選手権。

その出場権を兼ねてのアジア選手権が現在熊本で開催されています。

 

とはいえハンドボールというスポーツになかなか馴染みのない方も多いかと思います。

というわけで今回のDoGYANくまもとは来年の世界選手権をより楽しめるように、

ハンドボールってどんなスポーツなのか一緒に簡単にお勉強しましょう。

 

バスケットボールは5人

バレーボールは6人

ではハンドボールは何人でプレーするのか、

流れ的に7人っぽいですが、正解は7人です(笑)

ゴールキーパー1人と6人のコートプレイヤーで点の取り合い守り合いをしていきます。

 

 

 

ボールを持って3歩までは歩いてOK。

ジャンプしてボールをキャッチした場合、着地の足は歩数にカウントしません。

バスケットに比べてやたら歩いている気がするのはこの辺の違いですね。

ボールを3秒以上持ったままでいるのも反則なので

とてもスピーディに試合が展開します。

 

正面であれば守備の選手の接触プレーもOKなので強い身体能力が求められ、

男子のトップ選手だとシュートの速度は時速100kmを超えるといわれます。

至近距離でプロテクターなしで受けるキーパーは大変ですね・・・

ジャンプして倒れこみながらのシュートは格好良くてちょっと憧れます。

 

 

ハンドボールは漢字で書くと「送球」

スピーディなパス回しも見どころのひとつですね。

 

というところがハンドボールの基本の「き」です。

アジア選手権は今月9日まで、八代・山鹿・熊本市の各地で試合が行われます。

来年の世界大会をもっと楽しむために一度観戦に行ってみてはいかがですか?

アジア選手権のロゴは熊本感丸出しで素敵ですよ。

 

https://japanhandball2019.com/asian-championship-2018/

 

 

Comments are closed.