映画の日

By in 映画・テレビ, 連載, 雑学 on 2018年11月30日

12/1は『映画の日』です♪今回は、年末年始におススメの『洋画・邦画・アニメ』映画をご紹介したいと思います!

『ボヘミアン・ラブソディ』2018年11/9より公開中


伝説のロックバンド『Queen』のヴォーカルであった『フレディ・マーキュリー』の姿を描いた本作。1991年、45歳の若さでこの世を去った伝説のシンガーは、どのように生きたのか?劇中で流れる楽曲の殆どは実際のフレディの歌声が使用されているのも注目で、映画を見終わった後、間違いなくQueenのCDを買いに走りたくなるはず。2018年の大本命映画と言っても過言ではありません!!

『人魚の眠る家』2018年10/29より公開中

小説家・東野圭吾原作の本作。事故で重体に陥った少女の両親が過酷な選択を強いられる物語。子供を持つ方々には特に重く、考えさせられる内容です。劇中子供を失いつつある状況下で、次第に帯びてゆく母の『狂気』は、愛情の深さあってのものなのだと思います。現実の厳しさが痛く、リアリティが刺さる。内容としては『重い』映画ですが、一見の価値は十分にある良作です。

『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』2018年11月30日より公開中

国内外問わず人気の高い『ガンダム』の最新映画作品。ガンダム作品は、『宇宙世紀』という年号の中での出来事を描いた作品が多く、本作もそのなかの一つ。新お台場ガンダムこと『ユニコーンガンダム』が登場する『ガンダムUC』の後の出来事を映像化しています。前記の2作品の様におススメポイント的なものを書きたいのですが・・・このBlogを書いているのが公開日の為、まだ観ておりません!!とりあえず、ガンダムファンの方々は劇場でお楽しみ下さい♪

現在全国公開作品を中心に、映画作品ご紹介した今回のBlogですが、ミニシアター系映画も現在中々の良作揃いの様です♪DENKIKANで映画漬けの休日もアリかもしれませんね♪

Comments are closed.