日本のすごいセンサー技術

By in 日記 on 2018年11月8日

IOT、AIなどを今後推進するためには、

センサーの技術が欠かせないのは、どんな方でも

なんとなくご理解されていると思います。

今日は今後のテクノロジーの動向を左右するとも

言われる、センシング技術をちょっとご紹介します。

今後の私たちの生活を取り巻く環境にはすでに

IOTがどんどん普及し始めています。

その為にはセンサー技術が不可欠です。

① 明るさを感知する「光センサー」

照明器具など

② モノの向きや位置などを感知する「ジャイロセンサー」

スマホなど

③ 温度を感知する「温度センサー」

IHなどのコンロ

④ 湿度を感知する「湿度センサー」

空調関連機器など

⑤ 圧力センサー

タッチパネルなど

⑥ 移動に伴う速度を感知する「加速度センサー」

 

などなど

さまざまなものを感知するセンサーが登場しています。

 

ちなみに私が日頃から身に着けていて、すごく重宝している

「APPLE WATCH」

これにはGPSや加速度センサ、心拍数センサーなどが組み込まれて

健康管理には欠かせないアイテムになっています。

 

また開発が進んでいる「自立運転自動車」はセンサーの塊といっていいほど

のセンサーを組み込み安全に航行できるようになるようです。

 

今後センサー技術の一挙手一投足に大注目です!

 

ちなみにこんな記事を見つけましたので

ご興味ある方はどうぞ。

『日本のユニークなセンシング技術を集結』

https://iotnews.jp/archives/81789

 

Comments are closed.