たまにはいつもと違ったお肉を

By in 日記 on 2018年6月29日

 

今日は6/29日。

そう毎月恒例の肉の日ですね。

お肉と言えば一般的には牛・豚・鶏ですよね。

熊本にはあか牛や天草大王など美味しいお肉がたくさんあります。

それだけでなく熊本にはなんといっても馬肉を食べる文化があります。

本当に熊本はお肉に恵まれた地域だと思います。

 

一方で近年ではジビエがブームとなっています。

ジビエとは狩猟によって獲られた野生の鳥獣のこと。

鹿や猪、キジなどの肉は高タンパク・低カロリーであるなどの長所があり、

男女問わず好んで食べる人が増えています。

 

私も少し前になりますが、所用で福岡に行った際にジビエ専門店で食事をしてみました。

 

ハム、たしか猪だったような・・・

 

キジのロースト

 

ジビエのメンチカツ。美味しすぎておかわりしました(笑)

 

どれも旨みの強い赤身のお肉に、しつこさのない脂肪が軽くついているだけで、

獣臭さも全くなく、あっさり美味しく頂くことができました。

 

熊本でも天草ジビエや、最近では山都町に「ジビエ工房やまと」というジビエ工房ができるなど

少しずつ普及が進んでおり、熊本の飲食店でも見かけることが増えてきました。

 

ジビエとして扱われる鹿や猪は元々畑などの農作物を荒らす害獣として地域で処理されていたもので、

そのお肉は地域で消費されていました。

それが各地に加工場ができることで少しずつ外に食材として出せるようになってきたというのが今現状のところです。

野生動物なだけに安全性にも気を配っており、

仕留めてから1時間以内に加工場に運んで血抜きや解体を行うなど、

厳しいルールのもとで安心・安全なお肉が世に出されているそうです。

 

スーパーではなかなか鹿や猪はなかなか見かけることはありませんが、

ふるさと納税なんかを利用すると手軽にジビエ肉を入手することもできます。

ご家庭でも一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

Comments are closed.