左官の日

By in 日記 on 2018年4月9日

本日4月9日は4(しっ)9(くい)の語呂で左官の日だそうです。

建設業の中でも大工に次いで技術と知識が必要な職種です。

今日は左官について調べてみました。

左官とは、建築工事の中のタイルやブロック積、土間・壁塗りなどする

職業名ですが、平安時代の建設省のみたいな官庁の役職名が語源です。

最近では室内の壁を塗るような仕様が少ないので、外廻りの仕事がメイン

ですが、以前は和室や室内の壁も漆喰や土壁が多くありましたし

外壁もほとんどが左官職人の仕事でした。

 

建築に関わる業種の中でも非常に重労働で神経を使う仕事が多く

とても高度な技術が必要な職種ですが

近年の建設業の合理化や簡素化で、担う範囲が少なくなり

なり手も少なくなってきています。

職人好きの私としては、左官職人の技術が日本の素晴らしい

建物とともに未来永劫残っていってほしいと思う

今日この頃です。

ちなみに素晴らしい技術を持った職人さんがたくさんいますので

その一例がYOUTUBEにアップされているので

興味のある方はどうぞ

 

 

Comments are closed.