身体検査の日

By in 健康・ダイエット, 季節・催し, 雑学 on 2017年12月28日

12/28日は、『身体検査の日』!今回は、身体検査について少し取り挙げたいと思います。

『身体検査とは?』

身長や体重など、身体的な発育状況や健康状態を記録するものです(wikipediaより抜粋)。
義務教育期間は、定期的に身体検査が学校で行われているので、子供たちの成長を感じる事が出来ます♪大人になると年に一回の健康診断の際に身長や体重を計測しますよね♪毎年、増加する一方の体重に愕然とする方は私だけではない筈!!笑

『なぜ、12/28は身体検査の日なの?』

1888(明治21)年の12/28に、文部省(現在の文部科学省)がすべての学校に毎年4月に生徒の身体検査を実施するよう訓令したのが始まりの様です。

身体測定の『今』

筆者(満32歳)の小学校低学年頃の身体測定は、パンツ一枚で保健室前に列を作り、測定の順番を待つのが一般的だった様に記憶しています。中高生は、体操服を着て体育館で検査だった様な気がするのですが・・・記憶ってなかなか曖昧ですよね(笑)。
現在は、パンツ一枚で検査をするスタイルでは無くなっているようです。時代の流れを感じますね。
調べてみて一番衝撃だったのが・・・何と!『座高の測定』と『ぎょう虫検査』が無くなっているらしいのです!
座高に関しては、子供たちの健康管理と座高の関係が分かりにくく、机や椅子の配備にもあまり役立っていないとして、「測定に意味がない」との声が上がっていた事により廃止が決定したようです。
『ぎょう虫検査』に関しては、身体測定が義務付けられた当時より、子供の生活環境が改善されており、年間の検出率は『1%以下』と、非常に低い数値であった為廃止に至ったようです。※但し、南方の地域では、全国でも検出率が高い為、検査指示が出ている地域がある様です。

行事の変化に時代の移ろいを感じるのは、やはり歳を重ねたせいなのか・・・(涙)
健康を維持する為に!たまには体重計に乗り、自分の体の現実を知らなければいけませんね♪

Comments are closed.