ブラックフライデー!!

By in 季節・催し, 雑学 on 2017年11月24日

今年に入り、TVのCMやワイドショー等で大きく取り上げられる様になった『ブラックフライデー』。何の日なのかイマイチぴんとこなかったので、少し調べてみました!!

ブラックフラーデー(Black Friday)とは?

アメリカの感謝祭(11月の第3木曜日)の次週である、11月の第4金曜日が『ブラックフライデー』です。この日は、アメリカの様々な小売店で大規模な安売りが実施されます。深夜から行列を作る小売店もあるようで、なかなか大きな『大規模安売りセール』のようです。

なぜ、大規模な『安売り』が行われるのか?

理由は、前週の『感謝祭』が大きく起因しています。感謝祭用プレゼントの在庫一層セールが、このブラックフライデーの『安売り』の
理由なんです。又 アメリカではこの日、休日になる事が多いようで、それもブラックフライデーのセール集客に追い風となっている様です。

なぜ、『ブラックフラーデー』というネーミングなのか?

名付けたのはフィラデルフィアの警察で、ブラックフライデー当日、買い物客で道路がや人が外に溢れ、警察の仕事が増えるため「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされています。当初は暗いイメージを連想する『ブラック』とい言葉に、小売店達はあまり良い印象を持っていなかったらしいのですが、後に某新聞が『黒字の金曜日』という商売人にとってはゲン担ぎとなる解釈が発表されてからは、広く受け入れられる日になったようです。実際に、年末商戦の幕開けとなるこの日は、1日で最大の売り上げを達成出来る日らしく、正に『ブラック(黒字)』の金曜日なのだとか・・・。

感謝祭とかないし、日本はあまり関係ない・・・

正直、この言葉に尽きます(笑)。しかし、小売店の年末商戦のスタートダッシュで、この『ブラックマンデー』を活用し、消費者層の購買意欲を煽る取り組みをする企業も年々増加傾向にあります。今年は正月に先駆け、福袋を売り出す店舗もあるのだとか。

ハロウィン・イースター等近年多くの外来イベントが増えてきましたが、ブラックフラーデーも日本文化に浸透していくのでしょうか?今後に注目です♪

Comments are closed.