現場ウォッチング番外編 『丁度良い高さを選ぶ』

住宅の中に設置する設備には、それぞれ『丁度良い高さ』があります。今回の現場ウォッチングは、住宅設備などの丁度良いとされる高さをご紹介します。

《キッチン編》
キッチン高さ
キッチンの高さは、よく使う人の身長に合わせて決めることがポイントです。キッチンでの作業は、体への負担が多く、高すぎると腕が疲れますし、低すぎると腰が疲れます。歳を重ねる事に負担も増しますので、やはり丁度良い高さを追及したい部分です。キッチンの丁度良い高さの目安は、「身長÷2+5cm」が一般的と言われています。しかし、現在お使いのキッチンの高さに慣れていれば、逆に使い辛くなる場合もあります。高さ選びのポイントは、ショールーム等でキッチンの前に立ち、ご自分が使いやすい高さを把握しながら検討していく事です。

《洗面化粧台編》化粧台高さ
洗面化粧台のカウンター高さは使い勝手に大きく影響します。しかし、キッチンとは違い、不特定多数の方が使用するものなので、家族みなさんの身長を考慮にいれて検討するのがコツです。身長に応じた適正な高さはありますが、洗面化粧台の収納部分の使い勝手なども考慮して検討されると良いかと思います。

《ダイニングテーブル》

te-buru

ダイニングテーブルの高さは、69cm~72cm程度が一般的とされています。しかし、ダイニングテーブルの使いやすさは『椅子の座面の高さ』が非常に重要なので、一概に上記の高さが良いとは限りません。一番重要なのは、椅子の座面とテーブルの天板面との高さの差である『差尺』です。食事のときに、食べやすい姿勢を保つための差尺は、座高(※身長×0.55が目安)の1/3より2~3cm差し引いた寸法が目安になります。海外からの輸入家具を購入される場合は、テーブルの天板が高い場合があるので、椅子との差尺に注意して選ぶ事をおススメします。

 

『丁度いい高さ』を選び生活空間に落とし込みながら、住みやすい・使いやすい生活スタイルを確立したいものです!

Comments are closed.