現場ウォッチング『制震ダンパー[ミライエ]』設置現場確認

By in 日記, 現場ウォッチング on 2015年9月22日

コンフォートハウスでは、新しい商材や特殊な商材を導入する時に、現場にて施工方法・取り付け方法などの確認を行っています。

今回の現場ウォッチングは、先日着工中の現場にて行った、『制震ダンパー[ミライエ]』の設置の様子をご紹介致します!

[制震ダンパーとは何なのか?]

quality_img

地震に耐える為の構造の一つに、制震構造というものがあります。この構造は、地震時に発生する建物の揺れを、躯体内(柱の間)に設置した[制震装置]が吸収し、地震エネルギーが建物に伝わりにくくし、揺れを低減させる構造です。この[制震装置]が『制震ダンパー』と呼ばれるものです。

詳しくはコチラ[現場ウォッチング『制震ダンパー』とは?]

[現場での取り付けの様子]

i_miraie02

上のイメージ写真の様に、柱と柱の間にダンパーを配置していくのですが、設計段階で位置を決定し、基礎に直接固定させる必要があります。

IMG_1414

なので、まずは設定された取り付け位置の確認から始めました!

33

取り付け位置を確認したら、あらかじめ設定していた場所に、金物を使いダンパー本体と基礎と直接固定させます。

11

下の部分を固定後、一度施工要領を確認中♪

IMG_1411

DSC_1031

次は、梁下の部分をスぺーサーと金物を使い固定します。

DSC_1030

設置完了です!制震ダンパーを設置した壁の中はこのようになっています♪

設置の方法をあらかじめ実際に確認していれば、珍しいケースでも十分な対応が出来ますし、ミスも未然に防ぐ事ができます。

正確な施工が行える下準備を行い、お施主様により良いお住まいを提供出来るようにすることは、我々住宅メーカーの使命です。

今後も、このような現場での確認作業の様子を紹介出来ればと思います♪

Comments are closed.